肉ばかり食べると薄毛になる可能性がある

髪の成長にはタンパク質が必要です。しかし、肉ばかり食べていると抜け毛を増やして薄毛の原因になります。
肉には飽和脂肪酸が多く含まれています。飽和脂肪酸の過剰摂取は男性ホルモンの分泌を促します。男性ホルモンはAGAの原因です。髪の成長サイクルが乱れて薄毛になります。また、男性ホルモンの影響で皮脂分泌が過剰になるので、毛穴が詰まって抜け毛が増えます。
タンパク質は必要ですが、肉ばかりでなく魚や大豆なども食べましょう。